講座・イベント

ピカソもびっくり?対話によるアート鑑賞


この講座は終了しました。ご参加ありがとうございました。


~ちょっと不思議な「アート体験」してみませんか?~

「対話型アート鑑賞」って?
作品タイトル、技法、作者といった「美術史の知識」で
はなく、グループのコミュニケーションにもとづいて、
美術作品を鑑賞する手法です。作品をみて思ったことや
感じたこと、疑問などを話し合い、一つの作品を深く読
み解いていきます。まわりの鑑賞者の話を聴きながら作
品をみることで、急に印象が変わったり、自分ではみつ
けられなかった発見が起こったり、作品のみえ方が次々
と変化する体験を楽しんでいただけます。美術に関する
経験や知識は一切問いません。観察力・批判的思考力・
コミュニケーション力の向上にも効果があるとされ、美
術館や小中高校、企業研修の現場など、学校教育や社会
人教育にも取り入れられています。
(ナビゲイター・岡崎さんより)



と き:平成28年2月26日(金)
    13:30~16:30
申 込:2月1日(月)9:00から
    TEL、FAX、メールもしくは窓口にて!
定 員:20人
参加費:300円



講 師:岡崎大輔さん
    京都造形芸術大学アート・コミュニケーション
    研究センター専任講師
    阪急阪神ホールディングスグループの人事部門
    にて、人材採用・育成業務に従事していた20
    11年、アート作品の対話型鑑賞プログラムA
    COPに出会う。知識や情報なしで作品鑑賞を
    楽しめること、そして、鑑賞体験がもたらす教
    育的効果の大きさに魅了され、2014年に会
    社を退職。現在はACOPを企業内人材育成・
    組織開発に応用する実践を行っている。私生活
    では、「美味しいものを食べるために生きてい
    る」と、定期的に仲間と一品持ち寄りパーティ
    ーを開き、料理を楽しんでいる。
    
    
    

この講座のチラシです(クリックすると大きな画像になります)


川西市市民活動センター・川西市男女共同参画センターは、平成22年4月1日より、特定非営利活動法人市民事務局かわにしと株式会社ジョイン川西とのコンソーシアムによる指定管理者によって管理運営されます。
センターの場所