講座・イベント

写真展「戦火の中で起きたこと」


このイベントは終了しました。ご参加ありがとうございました。


過激派組織「イスラム国(IS)」占領下で厳しい迫害を受けたイラク、
シリア。
映像ジャーナリスト玉本英子さん(第54回ギャラクシー賞報道活動部
門優秀賞受賞)が撮り続けた現地の人びとの様子を紹介します。



シリア北部コバニは、2014年、過激派組織「イスラム国(IS)」
に包囲された。10万人近くいた住民の多くは国境を越えトルコに避難
したが、2000人あまりが残っていた。砲弾が撃ち込まれるため、家
の窓はブロックでふさがれていた。電気も水道も止まったコバニの住民
は、地元組織のわずかな配給で命をつないでいた。小型のコンロでお茶
を入れる住民(撮影:玉本英子さん)


展示期間:平成29年10月23日(月)~11月25日(土)
     <平日9時~20時・土日祝9時~17時>
     入場無料


関連企画:玉本英子さん講演会「いま、あらためて知りたい「イスラム
     国(IS)」とその周辺に生きる人びとのこと」


この講座のチラシです(クリックすると大きな画像になります)


川西市市民活動センター・川西市男女共同参画センターは、平成22年4月1日より、特定非営利活動法人市民事務局かわにしと株式会社ジョイン川西とのコンソーシアムによる指定管理者によって管理運営されます。
センターの場所